2017年に全館リニューアルオープンした福岡県民の癒しのウォーター空間「マリンワールド」

次の週末どこに行こう…とお考えの方、2017年に新しくなった「マリンワールド」はいかがですか?今回ご紹介するの「マリンワールド」は平成元年に開館した水族館で、福岡市民にとってなじみのあるレジャースポットとなっています。2017年に全館リニューアルオープンし、今までのマリンワールドとガラッと変わった洗練された空間として生まれ変わりました!

新しくなった「マリンワールド」は今までとは異なる”九州の海”をテーマとし、太陽の光を浴びて大きく成長した奄美のサンゴ礁や九州の深海エリア、阿蘇の水の森をテーマにしたエリアなど九州ならではの特色を生かした展示が特徴となっています。

マリンワールドへのアクセス

福岡の中心部博多からは車でおよそ30分。福岡市内でありながら喧騒から離れた海と自然に囲まれた海ノ中道は、お子様連れはもちろんのことカップルや大人だけでも愉しめるエリアとなっていますよ。

筆者が訪れたのは土曜日の午前中で家族連れを中心ににぎわっていました。広大な敷地に充分な駐車場がありますが、お昼には埋まってしまう事も多いのでオープンの時間を狙って来館されることをおすすめします。

良く晴れた日はマリンワールド目の前の芝の上で走り回ったりシートを広げてピクニックもよさそうですね。

さっそく中へ潜入!

チケット売り場もリニューアルされてとてもオシャレな雰囲気となっています。

自動販売機での購入も可能ですので、現金でお支払いの方はこちらを利用するとスムーズに入館することができますよ。入口ではQRコードを読み込んで行うので非接触となり、ソーシャルディスタンス対策もバッチリです!

館内に入ると天井が高く開放感あふれる空間が広がります。クリアな壁に流れる滝はスタイリッシュでおしゃれですね♪入ってすぐの場所にお土産を購入するショップがあり、お帰りの際の出口もこちらからとなります。滝の横にあります階段を上ると効率よく回れますよ。

階段の途中には沖縄・座間味島のザトウクジラを紹介する「感動体験!クジラに遭えるよろこび」の展示がありました!こちらはシーズンによって変わるようですので何度行っても愉しめますね。

マリンワールド館内のみどころ

先述しましたようにマリンワールドのテーマは”九州の海”。第一エリアから九州の近海の生き物が多く展示されていました。

桜島の溶解石を直接触ってみることができるコーナーもありましたよ。

こちらは「阿蘇 水の森」。中には緑がいっぱいで本当に森の中に訪れたような雰囲気を愉しむことができます。

流れる水の音を感じながら水の中の生き物をゆっくりと観察できますね。

小さな水槽では、福岡県で絶滅危惧IC類に指定されている「ガゼトゲタナゴ」などを見られますよ。

筆者一押しのエリアがこちらの「九州のクラゲ」。落とされた照明の中に幻想的に浮かび上がるクラゲの水槽はなんともロマンチック!

カップルや大人が静かにゆったりとした時間を過ごすのにもおすすめですよ。日常を忘れて癒されてくださいね。

ファミリーにおすすめなのはいきものに触れる事ができる「タッチプール」!上段にはイソギンチャクやウニ、下段にはヒトデに触れることができます。横には手洗い場も完備されていますので、是非いきものに直接触れて感触を確かめてみましょう。

普段なかなか触れることができない生き物に触れるのはお子様にとってもいい経験になりますね♪

屋外の「かいじゅうアイランド」には沢山のペンギンやゴマフアザラシが。300円で餌が販売されているので、直接アザラシに餌やり体験をすることもできます。

人気のイルカやアシカのステージを満喫できる「ショープール」は、博多湾を背景にした景色抜群のエリアで1日数回のパフォーマンスを愉しむことができますよ。

観覧席の目の前にアシカのステージを新設したことにより、更に近くで生き物を観察できるようになっています。イルカのショーでは前列は水しぶき注意!ダイナミックなパフォーマンスは圧巻ですよ!

有名店監修のメニューが満載の「restaurant Reilly」

ショープールの下階にはイルカの水槽を目の前にしたレストラン「restaurant Reilly」があります。

西鉄グランドホテル監修のカレーや福岡のうどん専門店・博多やりうどん監修のうどんなど本格的なメニューは老若男女問わず大満足いくラインナップとなっていますよ♪

レストラン内に小さな水槽があり、小さなお魚と目の間に広がるイルカのプールをながめながらのお食事…なんとも贅沢ですね。細かい部分のこだわりにも注目です!

14ヶ月の期間が嬉しい!年間パス「MARINE GOLD PASSPORT」

現在マリンワールドでは通常の年間パスとは別に、通常の年間パスより有効期限が2ヶ月長い14ヶ月間の「MARINE GOLD PASSPORT」が販売されています。このご時世なかなか頻繁に来館することができないという方にも14ヶ月の長い期間設定は嬉しいですよね。

ゴールドカード限定のスペシャルなイベントもありますので必見ですよ!年間パスの売上の一部は生き物たちの飼育に使われるとの事ですので、是非この機会に年間パスを購入されてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか?今回こちらで紹介しきれないエリアもたくさんあるほど充実して新しくなった「マリンワールド」。リニューアル後まだ行けていない…という方も新しい発見がいっぱい詰まったNEWマリンワールドに是非足を運んでみてくださいね♪

アクセス

マリンワールド
住所:福岡市東区大字西戸崎18-28
Tel:092-6003-0400
営業時間:時期によって異なります
休刊日:2月第一月曜日とその翌日
入館料:大人2,350円、高校生2,350円、小中学生1,100円、幼児600円
年間パスポート:大人4,600円、高校生4,600円、小中学生2,100円、幼児1,100円
駐車料金:大型車1,580円、普通車530円、二輪車270円

  • コメント: 0

関連記事

  1. 最中に焼き芋、クリームソーダ…コバルトブルーの海と愉しむ和スイーツ!糸島人気エリアのおやつスタンド「二見ヶ浦商店」

  2. 糸島の新鮮な卵と食材に出会えるフォトジェニックスポット「糸島ファームハウス UOVO」

  3. 岩肌を流れるダイナミックな白い滝!「白糸の滝」はマイナスイオンたっぷりの癒しスポット(糸島市白糸)

  4. 世界が注目する160mの藤のトンネル!「河内藤園」(北九州市)

  5. アサヒ緑健の直営カフェ「33CAFE GREEN」には、青汁を更に美味しくしたアレンジメニューが満載!

  6. PayPayドームの隣「マークイズ福岡ももち」はお子様連れでも安心の充実した設備が満載!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 高級感溢れる店内で堪能するリーズナブルなランチ!中華料理「頤和…

  2. ハワイさながらなメニューで気分はまさに海外!香椎照葉にオープン…

  3. 色とりどりな提灯がフォトジェニックとSNSでも超話題!西新エリアで…

  4. 韓国尽くしの空間にうっとり…韓国雑貨や本に囲まれた今注目のカフェ…

  5. 福岡のサウナ女子待望の施設!本場フィンランドのサウナが体験でき…

アーカイブ