まるで明太子のアフタヌーンティー!?二重の塔で明太子を満喫!「味の明太子 ふくや大宰府店」(福岡県太宰府)

福岡市中心部から約30分。福岡の観光地としても名高い大宰府エリアはこちらでも幾度とご紹介してきました。今回ご紹介するのは福岡の象徴ともいえる「明太子」をおしゃれに、豪勢に楽しめるお店「味の明太子ふくや 大宰府店」です。

味の明太子 ふくや大宰府店へのアクセス

「味の明太子 ふくや 大宰府店」があるのは福岡市大宰府宰府。西鉄「大宰府駅」を下車し徒歩で約2分、太宰府天満宮へと向かう参道にあります。味の明太子ふくやは昭和23年に博多区中洲で創業し、昭和24年1月10日の十日恵比寿の日に明太子の製造販売を開始した会社です。

いまや福岡では知らない人がいないと言っても過言ではないほど、全国的にも有名な明太子のお店ですよね♪

店頭では参道での醍醐味でもある”食べ歩き”が出来るテイクアウトの「明太温茶漬け」が販売されており、カップで手軽にふくやの明太子茶漬けが堪能できるようになっています。

店内には定番の明太子をはじめ、お土産にぴったりな「ツブチューブ」「缶明太子 油漬け」など様々な明太子商品が並んでおり、奥に進むとイートインのカフェスペースとなっています。

たらふく茶屋

店内奥にあるのがイートインの「たらふく茶屋」。

店内はテーブル席とカウンター席で16席ほど。人気のお店なので土日のお昼どきは満席になっている事が多いです。平日のオープンしたすぐがおすすめの時間帯となっているので、参拝の前に訪れてもいいかもしれませんね。

たらふく茶屋は入口にある券売機で食券を購入するスタイルとなっています。

たらふく茶屋メニュー

明太茶漬け膳~二重の塔仕立て~(ご飯並200g) 1,500円
明太茶漬け膳~二重の塔仕立て~(ご飯大300g) 1,500円
明太お茶漬け(ご飯並160g) 1,000円
明太お茶漬け(ご飯大300g) 1,000円

おかわり明太子(2切) 170円
おかわりご飯(1杯160g) 130円

メニューはシンプルに2種類の明太茶漬けとなっています。ご飯の量を選択することができますが、どちらの量を選んでも金額は同じです。今回はSNSでも話題となっている「明太茶漬け膳~二重の塔仕立て~」をオーダーしました。

まるでアフタヌーン明太子!?明太茶漬け膳~二重の塔仕立て~

見てください!この豪勢な明太子の二重の塔!これぞまるで「アフタヌーンティー」ならぬ「アフタヌーン明太子」といった感じ。あまりの豪華さにテンションが上がってしまいました。

上段には生明太子に炙り明太、ごま油ねぎ和え明太の3種類の明太子が堂々と乗っています。下段にはとろろといか明醤、紅たかなと豪華な付け合わせもセットとなっており、お茶漬け用のお出汁がついてきます。

まずは明太をご飯に乗せてスタンダードな明太ご飯として。その後は炙り明太を乗せて。やっぱり定番の食べ方は美味しいです!あつあつのご飯の上に乗せて食べる明太子、福岡に住んでいてよかった…と改めて感じられる幸せを噛みしめました。

お次はとろろに明太子を混ぜてとろろ丼に。お茶漬け用についている刻みのりを少し乗せるのがポイントです。〆はお出汁をたっぷりとかけて明太茶漬けに。お茶漬け用のお出汁はあっさりとした味でサラッと美味しくいただけました!

あまりのおいしさに明太子をつい食べ過ぎてしまうので、最後のお茶漬けの為に取っておくようにしましょうね。

今回はご飯を200gの並にしましたが、あっという間に平らげてしまいました。男性の方やお腹いっぱい食べたい方は大の300gにすることをおすすめします!

1,500円でこの量、この豪華さ。コストパフォーマンスも抜群で福岡の味を満喫することができて大満足でした♪大宰府に訪れた際は是非「味の明太子 ふくや 大宰府店」のたらふく茶屋で豪勢な明太茶漬けランチを楽しんでみてくださいね!

information

住所:福岡県太宰府市宰府3丁目2-47
Tel.092-929-2981
開始時間:9:30~17:30 / カフェ10:00~16:30

  • コメント: 0

関連記事

  1. メディアで話題の激安お宝さがし!九州発のドラッグストアのアウトレットショップ「エコレット+(プラス)糸島店」

  2. 鹿児島牛や佐賀牛がリーズナブルな価格と話題のお肉屋さん、福岡市早良区有田の「ミートショップみやざき」

  3. まるで“博多のハワイ” !福岡市街から日帰りで行ける離島「能古島」の魅力とは

  4. 関門海峡を歩いて渡れるって本当?!歩行者専用の「関門トンネル人道」を体験してみた

  5. 緑あふれる極上サウナでゆったりととのう!福岡市西区の癒しスポットといえば「ヒナタの杜 小戸の湯どころ」(福岡市・小戸)

  6. 明治日本の発展を支えた近代化産業遺産「三池炭鉱」の歴史と見どころを深堀り!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 高級感溢れる店内で堪能するリーズナブルなランチ!中華料理「頤和…

  2. ハワイさながらなメニューで気分はまさに海外!香椎照葉にオープン…

  3. 色とりどりな提灯がフォトジェニックとSNSでも超話題!西新エリアで…

  4. 韓国尽くしの空間にうっとり…韓国雑貨や本に囲まれた今注目のカフェ…

  5. 福岡のサウナ女子待望の施設!本場フィンランドのサウナが体験でき…

アーカイブ